ぷよぷよクエスト攻略裏ワザ

ぷよぷよクエスト 回復キャラを使うなら

魔導石を無料でGETする方法

 

ぷよぷよクエストの回復キャラについて教えます。

 

火力重視で先制攻撃を仕掛ける事で被弾を防ぎ結果的にダメージを少なくするこうげきタイプやそれを補うためのたいりょくタイプに押されがちで、なおかつコンビネーションボーナスや各種アップ系リーダースキル、属性による半減等の要素もありどちらかと言えばかいふくタイプのキャラクターは冷遇気味のように思えます。

 

だからと言って育成を止めてしまったり売るのはちょっと待って下さい。かいふくタイプは総じてコストが低いので穴埋め要員として有用ですし、デッキの構成や他のカードとの連携によって場合によっては使い勝手の良い存在としてスタメン候補に名乗りを挙げる事ができるのです。

 

かいふくで使えるキャラは

かいふくタイプの中でも特に全ステータスが恵まれているのは2014年2月に登場した天使シリーズです。

 

☆5の段階でコストは16、かいふくタイプとしては高めですがそれでも小さい部類ですし☆5レベルMAX時に「あか」のフローレがケーキシリーズのストロベリーナに劣る他は全ての属性において☆5かいふくタイプ中で現状最も高い数値になっています。

 

「蘇生」と言う特殊な固有スキルの関係上メンバーの誰かが倒される事を前提としたクエスト、または事故死の可能性が考えられるクエスト時に運用する必要がありますが特にダメージ半減の無い「きいろ」と「むらさき」に所属するルクスとアビスはお勧めのキャラクターです。

 

天使シリーズのスキル発動に必要なぷよ数を稼ぐために相性の良い漁師ボーイズと「ボーイズ」のコンビネーションが発生する事に加え、「タフネス」持ちのさかなシリーズとの相性も良いため運用の幅が広くなっています。

 

スキルの恩恵を受けるのが同色のみなのがデメリットともなりますが、天使シリーズとリーダーカードのみを同色にしておき2枚目を「タフネス」にしておくと言うデッキにしての運用も考えられます。

 

例えばリーダーをクルークにした攻撃デッキでアビスを控えに入れておきクルークが撃破されBOSS戦までは「タフネス」リーダー+アビスで進み、BOSS戦の段階で蘇生させてアビスは控えに戻り再び攻撃デッキにしてBOSSを撃破と言う流れです。

 

タフネスパーティについて

 

蘇生しても対象のスキルカウントは継続されるように修正された事もありかいふくタイプとしてはお勧めのキャラクターです。

 

また、コストが極小(☆3・4・5:コスト5・8・12)にもかかわらず☆5レベルMAXの状態で天使シリーズに次ぐ高ステータスを持つケーキシリーズと、古参で扱いやすく特に「ボス!?」シリーズをリーダにした場合に相性が良いフィーバー回復シリーズもデッキに組み込みやすいキャラクターと言えるかもしれません。

 

ステータスそのものを考えるとコスト値も含めてケーキシリーズに軍配が上がりますが、へんしん合成に特殊素材が必要で育成の難易度は高くなっています。

 

最終的なステータスの高さを求めるならば☆5まで育てる必要がある大器晩成型なケーキシリーズと、ステータスのみで言えば全ての回復タイプの中でも低めながら初期段階から扱いやすいフィーバー回復シリーズ、どちらを使うかはそれぞれです。

 

全員が「ガールズ」を持つケーキシリーズの中では特に「ガールズ」競争率が少なく「むらさき」単色で結成できるショコラーナや「きいろ」唯一の回復ガールズとなるフルーティーナがやや優勢、フィーバー回復シリーズでは属性色の関係上回復値が高くコンビネーションにも恵まれるタルタルとショコラーナとも「ガールズ」が発生するユウちゃんレイくん(☆2・3・5のみ)がスタメン入りする可能性が高いキャラクターと言えるかもしれません。

 

コンビネーションの説明と特徴