ぷよぷよクエスト攻略裏ワザ

ぷよぷよクエスト 回復タイプの使い方

ぷよぷよクエストのキャラ「かいふくタイプ」はその名の通り攻撃よりも回復で力を発揮する性質を持つカードで、代表的なものとしてゴゴットやタルタル等のフィーバー回復シリーズやひつじ執事シリーズ、ケーキシリーズ、天使シリーズ等が挙げられます。

 

カードの種類にもよって異なりますが大まかにリーダースキルは味方ないしは属性に依存する回復力アップ、固有スキルは味方全体か特定属性のHP回復、またはフィールド上のぷよをランダムにハートボックスに変換する等があり天使シリーズのみ「同色属性の味方をリーダーに近い所から蘇生」と言う独特のスキルを持っていますがいずれもタイプに相応しく回復に関連する物です。

 

回復タイプの使いどころ

どちらかと言えば通常のクエスト等では火力重視の直接攻撃が重視されやすく、イベントやタワーBOSS等に挑む時には状態異常のスキルが重宝されるこのアプリ内ではかいふくタイプはあまり重要視されていないかも知れません。

 

ではかいふくタイプはデッキに組み込むべきではないのでしょうか?決してそんなことはありません、むしろデッキに上手く組み込んでこそ生きるのがこのタイプだと言って良いと思います。

 

新規参入キャラクターである他のシリーズより馴染みがあるユーザーが多いと思われるフィーバー回復シリーズを例に挙げて考えてみると、まず特筆すべきはそのコスト量の低さと固有スキルを発動するために消さなくてはならないぷよの数が30個と少ない事です。

 

コストが低いためデッキコストを圧迫せずにパーティメンバーに組み込みやすく、まだユーザーランクがあまり高くない初期の段階では特に重宝します。

 

リーダースキルは自属性色に依存した回復力アップなのでこれを最大限生かせるのは単色デッキになりますが無理をしてリーダーにする必要は無いでしょう。

 

おすすめ回復スキルとは

かいふくタイプの中で最も分かりやすく使いやすい固有スキルの方が優秀で、「味方全体に自分の回復×1〜3」の回復能力を発動するというものです。

 

通常ハートボックスの回復量は控えを抜かしたデッキの回復値の平均で決まるので、火力重視でこうげきタイプやバランスタイプのみのデッキでは回復値の平均が低いのでハートボックスを消してもあまり回復が望めません。

 

その点このスキルは回復力の高いかいふくタイプの回復値を基準にできる点が優秀で、例えばこうげきタイプの多いデッキに1枚組み込むだけでも平均に関係なくスキル発動だけで中〜ほぼ全回復する事が可能になるのです。

 

このように火力要員を回復させる事で間接的に攻撃のチャンスを増やしたり、ガーディアンシリーズのような盾になってくれるカードを離脱させないようにしたり、HP満タン時に発動するリーダースキルを活かしたり、と少ないコスト量を活かしてデッキに組み込む事で多様な使い方をするのがかいふくタイプの使い道と言えるでしょう。