ぷよぷよクエスト攻略裏ワザ

ぷよぷよクエスト 星の魔導師シリーズ

魔導石を無料でGETする方法

 

ぷよぷよクエスト「星の魔導師シリーズ」の紹介をしていきます。

 

5人揃って登場!星の魔術師シリーズって?

星の魔術師シリーズは2015年6月3日から7日まで開催されたお宝収集タイプのイベント「てるてるぼうず祭り」の特攻カードとして登場したカード群です。

 

このイベントではイラストも可愛らしいイベント限定カード「おえかきウンディーネ」が入手・☆6まで進化可能と言う事もあって特攻カードであるベルナールと星の魔導士シリーズを手に入れるためにガチャを回したユーザーも多いのではないでしょうか。

 

また、このイベントの後6月24日から28日まで開催されたバトルイベント「第14回プワープカップ」の特攻カードとしても再登場した星の魔導士シリーズ、特攻終了後の特徴も理解してイベント後も活用していきましょう。

 

ステータスとリーダースキル

このシリーズはこうげきタイプでレアリティは☆4〜6、コストはそれぞれ14・20・28でコスト値大、人型のカードとしては平均的なコストと言えます。

 

こうげきタイプらしく☆6レベルMAX時の攻撃力は平均して2,000程で高めですが、HPは2,850前後とかなり不安の残る数値になっています。

 

そのためかリーダースキルはこうげきタイプの攻撃力と回復力を1.2〜1.8倍にすると言うもので、これと同じ効果を持つリーダースキルのバランスタイプ版を熱帯人魚シリーズが所持しています。

 

ただし、バランスタイプの場合は回復力が上がる事での恩恵を受けやすいのですが、もともと回復力の低いこうげきタイプでは回復力が上がっても体力が上がる訳では無いのであまり効果は期待できないかも知れません。素直に攻撃力を上げるリーダースキルや体力を上げるリーダーの元でデッキに加える方が安定するでしょう。

 

「むらさき」のルファスは「ボーイズ」が、その他の4人は「ガールズ」のコンビネーションに該当するので、攻撃に優れたカードの多い「むらさき・ボーイズ」のデッキでリーダーはクルークやシェゾ・ラグナスに任せられますし他の4人はそれぞれの色・属性の「ガールズ」デッキに組み込む事ができますが、リーダーになるかもしれない可能性を考えるならデッキの属性はこうげきタイプ寄りにしておく方が良いと思います。

 

漁師シリーズに次ぐ!?色ぷよ変換スキル

固有スキルはフィールド上の任意の位置のぷよを自カードの色ぷよに変換するというもので、必要ぷよ数は35個です。

 

10秒と言う制限時間があるものの、自分の好きな位置のぷよ色を変換できるという事が大きな特徴で時間内であればキャンセルも出来る便利な固有スキルです。

 

スキルに必要なぷよ数を稼ぐと言う意味では、必要ぷよ数30個でネクストぷよを最大で3ターン自色に変えられる漁師シリーズには及びませんが十分なスキル加速が見込めます。

 

また、任意の位置で変換できるので同時消しも作りやすく、同時消し係数をアップさせる童話シリーズとの相性は非常に良いと言えます。特に「ガールズ」が発動しやすい4人ではデッキに組み込む事で攻撃とスキル溜めが同時にできるので重宝するでしょう。

 

このシリーズの難点として、☆4から☆5へのへんしん合成の段階で☆5魔導書が、☆6へのへんしんでは☆6の魔導書が必要になる育成コストの高さが挙げられます。

 

童話やボス!?・初代等の他に魔導書が必要で育成を優先しているカードがあるなら優先順位を決めての育成になりますが、スキルから言っても使い勝手の良いカードですので是非育てていきましょう。