ぷよぷよクエスト攻略裏ワザ

ぷよぷよクエスト アリスシリーズについて

ぷよクエAC出身、アリスシリーズってこんなカード

 

アリスシリーズはぷよぷよクエストアーケード出身のキャラクターで、アーケードを遊ぶ事で貰える連動ポイントを消費する事で回せるアーケード連動ガチャでのみ入手可能な独自のカード群です。

 

コスト値は大でレアリティは☆4〜5(コスト値14・20)のたいりょくタイプですが、HPよりも攻撃の伸びが良いと言う特徴があり最終的なステータスのバランスは魔導学校シリーズ(こうげきタイプ)に近くコストに見合った優秀なステータス値に性著します。

 

童話のアリスをモチーフとしているそれぞれのキャラクターの概要をまとめると以下の通りです。

 

・ハーティア(モチーフ:赤の女王):「あか」属性で汎用性の高い「ガールズ」を持ち、属性的に攻撃力も高いので「ガールズ」の中でも有力な候補となるカード。

 

・トランプソルジャー(トランプ兵):「あお」属性の「ボーイズ」、攻撃力も高い部類なので「あお・ボーイズ」としてシグやまぐろ、ウト等の組み合わせが考えられるカード。

 

・しろうさぎ(時計ウサギ):「みどり」属性でわらいネコと同様に「どうぶつ」と「ナゾ多き」のコンビネーションを持つカード。「どうぶつ」は比較的該当カードが多いものの単色では他のコンビネーションの方が有効な場合が多いので起用率は低めかもしれません。

 

・アリシア(アリス?):反射スキルによって「むらさき」攻撃を無効化できるので非常に強力な「きいろ」かつ「ガールズ」のカード。ダメージ倍になる「むらさき」対策に重宝するので、充実してきた「きいろ・ガールズ」の一員として必須と言っても良いかもしれません。

 

・わらいネコ(チェシャネコ):アリシアと逆に「きいろ」属性攻撃対策に有効なだけではなく「どうぶつ」「ナゾ多き」のコンビネーションを持つことから黒いポポイとの相性は抜群に良いカード。

 

黒いポポイが火力の低い全体攻撃・属性不問の「封印」スキルを持つのに対して、単体攻撃で火力が高くHP・回復共に黒いポポイより高く「きいろ」限定の「反射」スキルを持つわらいネコは封印盾にも有効なのでW使いと単体使いを場面によって使い分けましょう。

 

攻撃と防御を兼ね備えた「反射」スキルを活用しよう!

アリスシリーズの特徴となる固有スキル「反射」は必要ぷよ数40個で、3ターンの間自身の有利属性の相手からの攻撃を1〜2倍にして反射する効果を持ちます。

 

例えば「あか」のハーティアがスキルを発動した場合、有利属性である「みどり」の攻撃を反射する事ができます。

 

また、味方に掛けるスキルなので全体攻撃であればそのまま反射して敵にダメージを与えられる上に、味方の属性は問わないので味方全員で反撃します。当然ダメージも受けないのでまさに防御と攻撃を兼ね備えたスキルと言えるでしょう。

 

反撃の際のダメージは相手の放った攻撃を跳ね返す特性上、敵の属性になる事は押さえておきましょう。

 

封印」と異なり自身にとっての有利属性に限りますが、封印盾にも有効で更に3ターン内ならステージを跨いでスキルが持続するので先制攻撃を仕掛けてくる敵に対する防御としても非常に有効なスキルと言えます。

 

リーダースキルは同色の味方カードのHPを一定数(☆4で1000、☆5で2000)上昇させるものですが、属性色依存であればSUNシリーズの方が使い勝手が良いですし攻撃力上昇系のリーダースキルの恩恵を受けた方が有効である場合も多いので無理にリーダーにする必要は無いかもしれません。